この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

62

千道

小学生の頃、妹の友人が泊まりにきていた夜のこと。妹の友人と妹に頼まれて、即興で怖い話を作ったのですが、それがこの話の元になっています。面白がられて、他の話も作ってくれと頼まれて、そのあとにスイカの皮の恨みという話と、たこ焼きのソースの恨みというこわくない怖い話をしました。懐かしい…。
はっ!すっかりノスタルジーに浸ってしまいました、失礼いたしました。
読んでくださってありがとうございます!!!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

2