この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

千道

作者が更新ボタンを押してから、数時間後のことである。作者はなんとなく更新した話を見返した。
しかし、文章が消えているのである。
確かに、文章を入力し、更新ボタンを押したというのに。
その証拠に、文章が表示されるところの一番下に「おわり」と書いてある。文章は存在していたのである。
こわくない怖い話の内容を書いた文章だけが消え去ったのだ。
機械のバグか何かと思ったが、もちろんそんなはずはなかったのだった。
これは一体何者の仕業なのか、真相は闇の中ーーー。
〜〜〜〜〜〜〜〜
↓ここからが本当の作家コメント↓
読んでいただき、ありがとうございます。
ちょっとトリッキーなことをしてみました。審査に通るのか不安です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?