この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

雪桜

閲覧、誠にありがとうございます。
冒頭で、アランが化けた姿だと颯斗が勘違いされていたので、ここでしっかり化けさせときました(笑)入れ替わってるわけではありません。姿だけ変えてるだけです。
あと、今回は児童書ということで、友情に重心を置いていますが、颯斗と彩芽の微妙な関係を書くのは意外と楽しかったです。私は彼が好きなの!とはっきり表現させるのも、分かりやすくていいのですが、言葉ではなく、行動や仕草でお互いにちょっと意識してる感じが伝わればいいなー。恋までいききらないけど、他の子よりもちょっと特別みたいな。まぁ、ここにアランが混ざって引っ掻き回すのも、楽しそうですけどね(笑)
ちなみに、アランは嫁候補が3人くらいいます。次期魔王だからね、魔界でもモテモテです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ