この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

文月

〜設定裏話〜
小夜が頻繁に屋敷を抜け出していた窮屈さの主な理由は今回登場した小夜の祖父(伊勢吉)の教育方法にありました。その実、伊勢吉の教育は正しく孫娘の小夜を想ってのものであり、厳しくはあれどとても質の良いものでした。
しかし、子供の小夜に厳しさの分別がつくはずもなく、ただ嫌がらせをされているとしか思っていませんでした。
――
他人を想っての行為は必ずしも当人に喜ばれる事はなく、むしろ嫌われてしまう、という事は人生において多々あると思います。そういう場合はどうする事が正解なのでしょうか。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ