この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

スローロリス1号

お詫び
エピソードを一つ入れ忘れるという、痛恨のミスをおかしておりました。
特に伏線などの要素もなく、本編に影響もないのですが⋯⋯。
作者としては、ばっくれるのもしのびなく。
こっそっと、一節ずつずらすという裏工作に出ることにいたしました。
第七節が追加分です。
先に読んでくださった方々、申し訳ありません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ