この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

スローロリス1号

創作裏話28
ゴミや汚泥が溜まるので、井戸は定期的に掃除をします。
掃除をする専門の職人がいたそう。
井戸の底に降りて、汚れを落として、壊れた石積みを補修します。
穴が深くなると、酸欠事故がしばしば起きました。
そうした事例を踏まえて、井戸を作る際には空気穴も作られるようになりました。
本当か嘘かは定かじゃないですが。
お城では「隠し通路」として使われた井戸の空気穴もあったとか。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ