この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

スローロリス1号

創作裏話4
小説を書く時の一番の悩みどころは ≪何人称・誰視点≫ にするか、です。
作者が主人公になりきって書く ≪一人称・主人公視点≫。
書きやすいけれど、主人公が知らないことは原則的に書けないお約束。
話を膨らまそうとすると、けっこう足枷に。
なので今回は≪三人称・主人公視点≫を選びました。
作者が ≪主人公を密着取材するカメラマン≫ 兼ときどき ≪ナレーター≫ するイメージです。
長編ドキュメンタリーっぽいとも言えます。
うっかりすると、主人公をフレームアウトさせて別のキャラを追っていたり。
舞台背景の説明ナレーションが長くなりすぎたり。
途中で≪誰の物語≫か分からない文になっているので、校正で冷や汗が。
読みやすい小説を書くーーというのは難しいですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ