この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

スローロリス1号

創作裏話33
剣豪リヒテナウアーは14世紀・ドイツに実在していたとされる人物。
両手剣と呼ばれる剣を用いる、「ドイツ流剣術」の祖とされています。
ちょい刀身が長めの剣を両手で握って使うので、両手剣。
なんとなく日本の刀の使い方に似ています。
西洋の剣術は、片手に剣、もう片手に盾か左手剣を持つ二刀流が一般的。
独特な戦闘スタイルと、敵を倒す洗練された妙技で異彩を放つ剣術です。
剣を持つ「構え」のネーミングも「鋤」とか「雄牛」とか変わっています。
技名を大声で叫ぶ、ヒーローショーには不向きな名前が多いです。
名前を拝借して、今回の小ネタの使っています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ