この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

スローロリス1号

創作裏話68
中世欧州の占星術師は『渾天儀』と呼ばれる道具を持っていました。
当時は天動説が主流だったので、どういう配置なのかはわかりませんが。
惑星の動きを調べて、運命を読み取っていたようです。
卓上型が一般的でしたが、指輪やペンダントなどの携帯型もありました。
けっこう凝ったギミックで、往時の金工技術の高さがわかります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ