この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

10

ゴミ箱さん

読んで頂きありがとうございます。
「白色の車両で、私を迎えに来てくれた柊先生は、まるで白馬の王子様の様だった」は自分で書いてて恥ずかしくなったw
こんな作者が最近興味本位でぐぐったのは「カ◯ジ 薄い本」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ