この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

yao

ここに書ききれないほどたくさん話したし、問題を出すくだり………あともう一問あったんですよ。
 
もー、流石に我慢の限界でした。
 
なんでルートを電卓でやろうとしたのか………謎です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ