この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

灰月火蛍

梓が勇気を出して、子供扱いしないでというところまでの運びに納得いってないので、こちらも後々練り直します。
この話に辿り着くまでの話の所々に、梓が刹那の行動に戸惑う描写をもっと入れていこうと思います。
子どもの頃から素敵だなあと恋心を寄せていたお兄さんに、急に女性扱いされたら・・・私ならテンション上がっちゃう(笑)確実に調子乗っちゃいますね・・・。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ