この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

孤壱(こいち)

うとうとしながら雨上がりの西日を浴びながら
鉛筆について考えて書きました。
最近物の目線になって妄想しております。
スマホから更新するもんじゃないですね(笑)
PCから更新し直しました。
でもスマホは思い浮かんだこと忘れる前に保存しておくのに便利なんですよね~。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ