この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

東明-sinoaki-

晩食会編はここで終了です。
幼い頃に、マグナと女の会話から言葉を学び、
マグナと女の恋愛を見て愛や恋を学び、
直接とマグナと話して人の温かさを学び、
18になって学校で魔法と多くの教養を得て、
23になって尊敬する師に恨まれ殺される恐怖、
自分の愚かさと学んだ全てが無にされる喪失感を知る。
一旦、ここで更新をお休みしようかと考えていますが、
もしかしたら不定期に更新していくかもしれません。
読んで下さっている方にはただただ感謝…m(__)m

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0