この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

102

オサム

閲覧ありがとうございます。
これでようやく六章終わりです。
次回から久しぶりに日常編を挟んだ後、第七章に入りたいと思います。
 
刀の文字ですが、いずれこの物語ならではの解釈、要するに作者にとても都合良く意訳されます汗
 
 
※10月22日追記:多忙にて更新遅れます。申し訳ありません汗
 
※11月5日追記:あたたかいコメントありがとうございます。11月12日(日)より更新再開できそうです。

この作品が気に入ったら読者になろう!