この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

12

佐倉真実

これにて、「罪悪感に値段をつけて僕らはバランスを取っている。」は最後とさせていただきます。
 
短編の練習をしようと思って始めたものでしたが、思っていたよりも多くの方に読んでいただけて、本当に嬉しかったです。
 
今後は中編などをこうしんしていこうと思っていますが、掲載場所は未定です。
また決まったら青い鳥でつぶやきますね。
 
ちなみに舞花のような強かな弱い女が私は好きなので、今後もこういう雰囲気の作風でいくと思います^^
 
最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!
また会う日まで。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

1